不動産屋に相談するタイミング

家探しをするタイミングは?

LINEで送る

家探しに最適な時期はいつ?

今住んでいる家が手狭になって新たな家を探すとなると、視野に入るのが一戸建てという選択。集合住宅よりも比較的勝手が利きますし、部屋数が大幅に増える場合があるので、家探しの段階で良い物件があれば集合住宅よりは一戸建てをと望む人の割合は多いものです。しかし、一戸建て希望者が多いということは、競争率が激しいということ。良い物件には多くの入居希望者が集まり、即座に決まってしまうのです。そこで考えるのが、良い物件をより早く見付けるにはどうすれば良いのか?ですが、実は家探しにはタイミングが重要なのです。まず家を探すとなると、不動産で物件情報を提示してもらって、気になる物件があれば内覧するのが一般的な流れです。その内覧で決まらなければ、また条件に近い物件の空きを教えてもらえたりします。通常、賃貸の物件は、退去の1ヶ月前までに退去の申請をしなければならないので、不動産が退去申請を受けた時点で、その物件を気に入っている方に空室となる情報を伝えるシステムなのですが、その退去が増える時期といえば当然、年度の切り替え時期です。教職員や一般の会社員の異動、子供の自立を機にマンションへの引っ越しなど、単身だけでなく家族での引っ越しも増えるタイミングを見て、年明けから不動産に家探しをしている旨を伝えておくのがベストなのです。既に空いている家を内覧しても、それ以前に内覧を済ませて検討中の方がいれば、優先権は早い方になってしまいます。引っ越しがピークになる前時期から、希望の物件などを詳しく伝えておくことをお勧めします。

 

↑PAGE TOP